HOME  新刊案内  既刊案内  ご注文・お問合せ  



★画像クリックで拡大


【書店様へ】
●ぜひ〈反ヘイト本〉コーナーの設置を!⇒ こちら

●『#鶴橋安寧』 販促用パネル ⇒ こちら


●『#鶴橋安寧』 販促用POP ⇒ こちら


※パネル、POPはご連絡頂ければお送りいたします。

ヘイトスピーチ被害当事者の声

()信恵 (シネ) 著

#鶴橋安寧――アンチ・ヘイト・クロニクル


2015年1月刊
四六判並製262頁
定価 1700円+税
ISBN978-4-87714-453-1 C0036


●目次
●書評
●編集部より
●関連書
●本のチラシ(PDF)

*著者の李信恵氏が「在特会」と同会元会長・桜井誠氏、および「まとめサイト」の「保守速報」を訴えた民事裁判・「反ヘイトスピーチ裁判」については、こちらをご覧ください。


ット上に蔓延し、路上に溢れ出したヘイトスピーチ。ようやくTVニュースなどでも社会問題として取り上げられるようになり、法規制への議論も進んでいるが、被害当事者の声は届いているだろうか?
在日コリアン2.5世の著者は、ネット媒体などで活動するフリーライター。著者は、ネットに書いた記事が発端となり、次第にネトウヨのターゲットに、そしてツイッターで連日集中砲火を浴びせられるようになり、さらにはリアル世界でも「在特会」会長ほか「行動する保守」のメンバーらの標的となって、深刻な被害を蒙ってきた。
本書は、底知れぬ憎悪をむき出しにし、ヘイトスピーチを撒き散らす差別扇動者たちに応戦しつつ、「心を殺され」ながらもカウンター活動に、京都朝鮮学校襲撃事件の裁判傍聴に、そして「在特会」会長等を訴える民事裁判提訴(14年8月)へと疾駆してきた著者の、およそ2年わたる活動記録に、家族や人、街にまつわる「在日の歴史」を重ね綴った初の単行本。



〈著者紹介〉

李信恵(リ・シネ)

1971年生まれ。大阪府東大阪市出身の在日コリアン2.5世。フリーライター。
大学在学中から記者としての活動を始め、女性誌や地域情報誌で記事を執筆。
現在はインターネットのニュースサイト(アジアプレス、ガジェット通信)をはじめ、
新聞(日刊ゲンダイ)や月刊誌(部落解放、ヒューマンライツ、イオ)、
ラジオ(ラジオフォーラム)など各種媒体でライター、取材記者として活動。
日本国内の差別問題、従軍慰安婦問題、教育問題等に取り組んでいる。
また、韓国のニュースサイト(JPNEWS)やテレビ局(KBS、MBC)などとも提携し、
日韓や在日、ヘイトスピーチなどの問題についての記事や番組を制作し、発信している。
2014年やよりジャーナリスト賞受賞。
日本人の夫、息子、愛犬のキムチ♀と暮らす。





◆『#鶴橋安寧』 目次◆
 
 プロローグ

カウンター
始まりはKポペン
野間易通氏と「レイシストをしばき隊」
「鶴橋大虐殺」と中学生の少女
神鷲皇国会のS少年
院内集会と「元在特会」の告白
在特会・桜井誠会長への突撃取材@神戸
「在日特権」はあった?
「しまふくろう」事件
進化するカウンター
「仲良くしようぜパレード」で、チョゴリをまとう。
おつるさん
ワクチン
桜井誠会長に、再びインタビュー
「世界は川口と蕨を愛してる!! 」
在日と出会えない人々
#鶴橋安寧
東京の荒川で

差別はネットの娯楽なのか
私がチャンネル桜に出演した理由
「差別を比較して意味があるのですか?」
ネット右翼と「まとめサイト」
帰化すればいいんじゃないですかね?
外国人女性タレント・フィフィさんという生き方
ヨーゲン氏

ひまわりと菜の花
―福島朝鮮学校の除染作業へ

京都朝鮮学校襲撃事件 裁判傍聴記
事件の概要
事件との出会いと「在特特会」
シンポジウムと上瀧浩子弁護士
初めての傍聴と朴貞任オンニ
西村斉氏とブレノ氏、中谷良子氏
沈黙効果
西村修平氏と中谷辰一郎氏
八木康洋在特会筆頭副会長
桜井誠氏の「小さな庭」
朝鮮学校の高校授業料無償化除外、どう思う?
金尚均先生
朴貞任オンニの証言と「3つの祖国」
朝鮮学校への防犯ブザーの配布とりやめ事件
具良鈺弁護士と3人のヒロイン
京都地裁判決と希代のヘイトスピーカー川東大了氏
公園の丘
控訴審と徳永信一弁護士
十本の指
控訴審判決――そして法廷に響いた叫び声
反レイシズム裁判へ――法しばき、始めました。

在日の街と人と

 オモニの人生

祖父母の来日/オモニの青春/クリスマスプレゼント/最後のラブレター/創価学会と在日朝鮮人

 記憶の断章
一番古い記憶/写真とオモニ/夏休みとハギハッキョ/最後の授業/本当の名前/FREEDOM FOR FINGERS/康好兄ちゃん

 「イルム裁判」当たり前に本名が名乗れる社会を求めて
 『愛しきソナ』とヤン ヨンヒオンニ
 在日の詩人・丁章と喫茶美術館
 在日の表情が見える街、大阪・鶴橋のコリアンタウン
 「わたしのまちはアジアのまち わたしのまちは世界のまち」
 







書 評




(準備中)







[編集部より]



 本書の著者・李信恵氏は在日コリアン2.5世、ネット媒体などで活動するフリーライターです。
 著者は、ネットに書いた記事が発端となり、ネトウヨの標的としてツイッター等で連日、「朝鮮半島へ帰れ」「チョンは駆除」「チョンは差別されて当然。殺されて当然」などといったヘイトスピーチの集中砲火を浴びせられるようになり、さらにはリアル世界でも「在特会」桜井(元)会長ほか「行動する保守」の標的となって直接暴言を浴び、ネットに動画を晒され、深刻な被害を蒙ってきました。今もその被害は続いています。

 本書は、ヘイトスピーチを撒き散らし、差別・排外思想をむき出しにするレイシストたちに応戦しつつ、「心を殺され」ながらもカウンター活動に、京都朝鮮学校襲撃事件の裁判傍聴に、そして「在特会」会長等を訴える民事裁判提訴(14年8月)へと疾駆してきた、被害当事者である著者の、およそ2年わたる活動記録に、家族や人、街にまつわる「在日の歴史」を重ね綴った初の単行本です。

 ようやくマスメディアも社会問題として取り上げるようになり、法務省も重い腰を上げ始めたヘイトスピーチ問題ですが、ヘイトスピーチを浴びる被害当事者の声が取り上げられることは少なく、在日コリアンの来歴や歴史的に醸成されてきた差別状況にまで言及されることもまずありません。

 歴史否定論の隆盛とネットの普及が重なり、差別のハードルは下がりつづけ、ついに「殺せ」という声が路上で叫ばれる危機的な状況にまで陥りました。

 焦燥感が募る中、ネット上で正面からレイシストと対峙し、路上のカウンター活動にも参加している著者に、2013年10月に本書の原稿依頼をしましたが、その後も著者は様々な差別被害に遭遇し、なかなか執筆は進みませんでした。執筆に際して数々の差別被害を追体験しなければならないこともあり、書くこと自体が苦痛を伴うものだったと思われます。

 そんな著者を支えたのは、第一に共に闘う仲間の存在であり、そして本書の「在日の街と人と」の章で描かれているような、誇りを捨てずに日本社会で生きてきた在日コリアンの「歴史的記憶」だったと推察します。

 本書では、被害に向き合うことの怖さが率直に語られています。被害者がひとつ反論の声を上げれば、たちまちレイシストたちの標的となり、「イヤなら帰れ」と言われ、その何倍も叩かれ、結果、多くは沈黙を強いられる。この理不尽さは、在日コリアンを戦後、一方的に「外国人」と見なし、社会権を奪ってきた日本国家の姿勢を反映したものでしょう。

 被害を被害として認めようとしない日本社会の姿勢が、いかに在日コリアンの被差別の記憶に一層の苦痛を与え、立ち上がる力を奪ってきたか、そうした状況のなか立ち上がったカウンターの思い、彼・彼女等がその先に見据えるもの、といったことを、本書から読み取っていただければ幸いです。

 また本書には、朝鮮学校出身者でない著者が、京都朝鮮学校襲撃事件の裁判傍聴や福島朝鮮学校の除染作業などで出会った在日同胞との人間関係を通じて、自身の立ち位置を再確認していく過程も描かれています。この日本社会の中で「在日」が置かれた状況の複雑さ、困難さの一端が垣間見えます。

 「在特会」らの行動がエスカレートし、ヘイトスピーチという言葉が社会に流通し始めて以降、被害当事者がその思いを自ら記した単著としては、本書が最初のものになるのではないかと思われます。被差別当事者の声が、これから進むであろう法規制の中で生かされるよう、戦後70年に際し社会的にも尊重されるよう、望まずにはいられません。

                                      2015年1月 影書房 編集部






◆関連書◆

 『鳳仙花のうた』 李 正子(イ・チョンジャ) 著

 『歌集 沙果、林檎そして』 李 正子(イ・チョンジャ)

 『父とショパン』 崔 善愛(チェ・ソンエ) 著


 『歌集 一族の墓』 金 夏日(キム・ハイル)
  

 『あの壁まで』 黄 英治(ファン・ヨンチ) 著

 『記憶の火葬――在日を生きる―いまは、かつての〈戦前〉の地で』 黄 英治(ファン・ヨンチ) 著

 『秤にかけてはならない―日朝問題を考える座標軸』 徐 京植(ソ・キョンシク) 著

 『尹東柱全詩集 空と風と星と詩』 尹 東柱(ユン・ドンヂュ) 著/尹 一柱 編/伊吹郷 訳

 『羊の怒る時』 江馬 修 著







HOME  新刊案内  既刊案内  ご注文・お問合せ